家づくりの知恵と工夫

家づくりの知恵と工夫

うちは一度空き巣に入られたことがあります。家に帰ってみると家の中が異常に散らかされていて、ビックリしたことがあります。

もし犯人と出くわせば居直り強盗になって、金品だけでなく危害を加えられることもあるので、自衛策は必要だと思いました。

おそらく被害総額は30万円はくだらなかったと思います。

なので、それ以降は多少経費をかけてもホームセキュリティを導入することが必要だと感じた次第です。

我が家の防犯対策としては何点かありまして、簡単な方法として、一つ目は夜に外出する際は多少電気代はかかるけど照明を付けて、在宅を装うこと、二つ目はドアに簡単なマグネット防犯センサーを取り付けて、不意にドアを開けると大きな音がするものをセットすること。三つ目はダミー防犯カメラを取り付けていることです。

これ以外にも人感センサーとドア開放センサーが電話機に接続されていて、留守中に侵入検知すると、予め登録した携帯電話に侵入通報する機器も取り付けています。

誤作動を起こすケースもたまにはありますが、転ばぬ先の杖です。何もせずに無防備に侵入されて被害に遭うよりも、費用をかけても空き巣等の犯罪抑止を図ることは先行投資として無駄なものではないと思っています。

世のなか、善人ばかりでは決してないですからね。

Copyright (C)2015家づくりの知恵と工夫.All rights reserved.